事故の不安を取り除く自転車保険|万が一の為にも加入しよう

説明

経営者向けの生命保険

逓増定期保険は加入期間が長くなるほど保険金が増えていく生命保険で、保険料を損金に算入することで法人の節税効果が期待できます。また解約返戻金が多いことも特徴で、戦略的な資金運用の手段として利用できます。

主婦

将来のお金が不安な方に

将来のために貯金をしたい方は、計画的に貯めていくためにも専門家に家計相談をしてみるとよいです。収入があるにも関わらず、お金が溜まらないのであれば、消費方法を改善する必要があります。客観的に専門家にみてもらうことで良いアドバイスを貰うことができます。

早めに加入が大切です

自転車

子供が成長してくると自転車も運転するようになります。その際に心配なのが万が一の事故です。自転車事故は年々増加する傾向にあり、未成年者による事故も増えています。とくに高齢者相手の接触事故が多く、なかには死亡事故に至るケースもあります。事故をおこした場合はたとえ未成年者でも責任を免れることはできません。重大事故に至った場合には、親の保護監督責任が問われることに加え、民事でも多額の損害賠償を求められることになります。このような事態に備える補償が、自転車保険です。自転車保険は車の保険と同様に、他人にケガを負わせた場合や被害者の所有物を損壊した際に、保険会社から契約内容に基づく補償を受けることができます。自転車保険の加入は、自動車保険や火災保険の特約として設定できる場合があるほか、スマホやパソコンなどから個別に加入することができます。加入には年齢制限がないので、小さな子供でも補償対象となっています。家族全員を対象としたファミリータイプの補償を選んだ場合でも、月々の保険料は自動車保険よりもずっとリーズナブルなので、加入しやすいのも特徴です。また自転車保険に加入していれば、被害者になった際でも弁護士のサポートを受けることができるほか通院補償や後遺障害補償なども受けることができます。自転車保険への加入は自治体によっては義務としているところも増えています。今後はこの流れは加速するものと予想されているので、自転車保険にまだ加入していない場合は、早めに加入手続きを済ませておくようにしましょう。

女の人

チョイ乗りの利用に便利

1日自動車保険は、友人や親の車を借りての移動の際に便利です。ワンコインで1日のドライブの時間を安心させてくれるため、おすすめです。手続きも簡単にでき、気軽にできるのが最大の特徴です。いざというときの為に運転する際は入っておきましょう。